ドラッグストアや薬局の葉酸サプリはなぜダメ?市販でおすすめは?

葉酸サプリ 市販

葉酸サプリを選んでいるときに「ドラッグストアや薬局で販売されている安い葉酸サプリは危険だからダメ」という言葉を目にしたことはありませんか?赤ちゃんのためとはいえ、高い葉酸サプリには手が出しにくいので数百円で購入できる市販の葉酸サプリを使いたいという思いが出てくると思います。

なぜ、市販の葉酸サプリがダメなのか簡単に言うと「添加物が多い、成分量が少ない」の2点が高価なサプリとの大きな違いになってきます。こちらでは市販の葉酸サプリをさらに詳しく説明&市販の中でもおすすめできる葉酸サプリについて紹介していきます。

市販の葉酸サプリがダメと言われる2つの理由

市販のサプリが良くないといわれる「添加物が多い」と「成分量が少ない」という2つの理由について詳しく紹介していきたいと思います。

添加物が多い

葉酸サプリ 添加物

市販の葉酸サプリの原材料を見てみると、サプリの大きさや形を整える増量剤の添加物である麦芽糖(マルトース))や澱粉(でんぷん)が一番初めに記載されていることが多いです。

サプリメントの原材料は配合されているものが多い順に記載されているので、市販の葉酸サプリは、増量剤の添加物がたくさん入っているということになります。また、サプリを固めたり、形を形成するために添加物を何種類も使っている商品も多くあるので、「市販のサプリは添加物が多い」というのは事実であるといえます。

セルロースやステアリン酸カルシウムなど、一部の添加物はサプリを作るために欠かせないものですが、必要のない添加物は極力避けたいですよね。

関連記事
無添加なんてない!?葉酸サプリに使われている添加物の役割

成分量が少ない

葉酸サプリ 薬局

市販のサプリは成分量が少なく、有効成分が葉酸のみというサプリも多くあります。成分の量が少ないということは、有効成分以外は添加物で出来ているという証拠でもあるので、サプリのほとんどが添加物という状態になってしまいます。

また、葉酸サプリを利用するときには、葉酸+葉酸を吸収しやすくするビタミンB12が最低でも必要です。妊娠中期~後期はさらに鉄分、カルシウム、ビタミンB6、ビタミンCなどのビタミン群も摂っていきたいところなので、市販の葉酸サプリだと成分が不十分ということになりますね。

妊娠中に必要な栄養をサプリで摂ろうとすると、葉酸サプリ以外にもマルチビタミンなどのサプリも摂取する必要があります。摂取するサプリの種類が増えるということはその分、添加物の量も多くなるので、添加物の摂取をできるだけ控えたい妊娠中には不向きだといえます。

市販の葉酸サプリに関する噂

合成葉酸 危険

葉酸サプリを選んでいると嘘なのか本当なのか分からないような情報もあります。

合成葉酸だから危険って本当?

合成だから危険というのは真っ赤な嘘です。合成か天然かというのは、サプリの抽出方法の違いで、合成は危険で天然は安全ということではありません。

むしろ、合成葉酸の方が吸収率が良く、コストも低く安定して供給できるので、厚生労働省からも推奨されているんですよ。(厚生労働省HP)

関連記事
あなたは間違っていない?天然葉酸と合成葉酸の違い

ショ糖脂肪酸エステルが危険って本当?

ショ糖脂肪酸エステルを摂取すると染色体異常の原因になるといわれています。でも、JECFAが定めた1日の上限摂取量30mgを超えない限りはまず大丈夫なので、そんなに敏感になることではありません。

不安があるということに変わりはないので、なるべくなら避けたいところですよね。サプリは毎日継続して摂取するものですから、ショ糖脂肪酸エステルが配合されている商品は選ばないのが無難です。

ドラッグストアにある主な葉酸サプリの成分&添加物

ドラッグストアで購入することができる主な葉酸サプリの成分や添加物についてを紹介していきます。

DHC葉酸サプリ

DHC葉酸サプリ
麦芽糖、デキストリン、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12

DHC葉酸は葉酸以外にビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12が配合されていますが、原材料を見てもわかるように、有効成分4種類はすべて最後に記載されていて、最初に記載されているのは添加物ばかりです。気になるショ糖脂肪酸エステルも配合されていますね。

ネイチャーメイド葉酸

ネイチャーメイド葉酸
乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、葉酸

ネイチャーメイドは葉酸しか配合されていません。サプリの99%が添加物で作られているため、安く手に入るとしてもお勧めできません。

ディアナチュラ葉酸

ディアナチュラ葉酸
マルチトール、セルロース、グリコール酸Na、V.B6、ステアリン酸Ca、葉酸、V.B12

葉酸以外にビタミンB6、ビタミンB12が配合されています。安全性の高い添加物が使用されていますが、成分量の少なさは否めません。

ピジョン葉酸サプリ

ピジョン葉酸サプリ
マルチトール、貝カルシウム、セルロース、ピロリン酸鉄、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、葉酸

マルチトールとセルロースがサプリを作るために使われている添加物で、そのほかはすべて栄養に関係のある成分です。葉酸以外にもビタミン、鉄、カルシウムを摂取することができます。

小林製薬「葉酸 鉄 カルシウム」

小林製薬 葉酸 鉄 カルシウム
粉末還元麦芽糖、デンプン、デキストリン、結晶セルロース、未焼成カルシウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、ビタミンC、ショ糖脂肪酸エステル、シェラック、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12

葉酸以外にビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されています。ビタミンの種類は市販のサプリの中では多めですが、使用されている添加物の種類も多めです。

市販の中でもおすすめできるのは「ピジョン葉酸サプリ」

ピジョン葉酸カルシウムプラス

市販品の中でも、「ピジョン葉酸サプリ」は添加物が少なく、栄養価もほかに比べると高いです。妊娠中期~後期まで長く利用することができると思います。

ドラッグストアで販売されていない葉酸サプリの中にはもっと成分が良いものや天然成分を利用した安全性の高いものもありますが、市販されている葉酸サプリの中から選ぶならおすすめは「ピジョン葉酸サプリ」です。