あなたは間違っていない?天然葉酸と合成葉酸の違い

天然葉酸 合成葉酸

葉酸サプリの商品説明を見ていると「天然葉酸(ポリグルタミン酸型)」「合成葉酸(モノグルタミン酸型)」という言葉が出てきます。一般的なサプリの場合は天然の方が品質・安全性が高いので、天然・合成と見せられると「天然の方が良さそう」と思いがちですが、妊娠前~妊娠初期に選ぶべき葉酸サプリは合成葉酸です。これは2000年から厚生労働省が推奨しています。

こちらでは間違った葉酸サプリの選び方をしないように天然葉酸と合成葉酸の違いや必要な時期や摂取量について解説します。

天然葉酸と合成葉酸の違いについて理解しよう

葉酸サプリを購入するときには、天然葉酸と合成葉酸の違いをしっかりと理解する必要があります。言葉のイメージではなく、何が違うのかをちゃんと知っていれば自分の理想の葉酸サプリを見つけられるはずですよ。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型)

天然葉酸

天然葉酸(ポリグルタミン酸型)のサプリは、野菜や果物から葉酸を抽出して作られています。そのため、不安を感じることなく飲むことができますが、吸収率が20~50%以下になってしまうため、妊娠初期には一日当たり最低800μg必要になります。これは合成葉酸の倍の量です。

食事で摂るとほうれん草なら371g(11株)、納豆なら640g(中16パック)も食べる必要があるので、安全性の高さを重視する方は天然葉酸を選ぶかもしれませんね。

しかし、結局、天然葉酸なので800μg摂る必要が出てきてしまいます。

天然葉酸のメリットは、野菜や果物が主原料なので安全性が高いという点です。一般的なサプリの場合は天然成分の方が良しとされていますが、「葉酸」という成分だけに関しては合成を選ぶべきです。

天然葉酸のデメリットは、吸収率が合成葉酸の半分以下。大量生産が難しいため、コストを低くできないことです。天然葉酸の主原料は、同じ土地で育成しても成分の割合は気候やその時の環境で異なりますから、品質にばらつきが出ないようにするために厳しく管理する必要があります。だからどうしても商品価格が高くなってしまうんですよね。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型)についてまとめると

  • 天然の原料から抽出するため安全性が高い
  • 体内への吸収率が20~50%以下で合成葉酸より低い
  • サプリの価格が高くなりがち

胎児の先天異常のリスクを減らすために効率よく葉酸を摂取する必要のある妊娠前や妊娠初期よりも、赤ちゃんの成長と母体の健康を守るための妊娠中期~後期に利用するのに向いているといえます。

合成葉酸(モノグルタミン酸型)

合成葉酸

合成葉酸(モノグルタミン酸型)サプリは、科学的に葉酸を抽出して作られています。栄養補助食品や健康食品などの原材料に「葉酸」と記載されている場合は、合成葉酸を使っているということです。

合成葉酸は食事から摂取する天然葉酸に比べて体内での利用効率が約2倍です。天然葉酸の場合、400μg摂取しても体内に吸収されるのは20~50%なので80~200μgしか摂取できませんが、合成葉酸の場合は表示されている数値をほぼそのまま吸収できるんです。

効率よく吸収できる形で作られているので、神経管閉鎖障害の予防のために妊娠前~妊娠初期に積極的に摂取するように厚生労働省からも推奨されているのは「合成葉酸」の方なんです。(厚生労働省HP)

「葉酸なら天然でも合成でもどちらでも良い」と思っている人もいるかもしれませんが、吸収率が全く違うので、要注意。合成葉酸は、名前のイメージから「天然葉酸より安全性が低い」と思われがちですが、実際はそうではありません。

葉酸を体内に取り込みやすくするために製造されているので、合成だからといって危険があるわけではありません。安全性を重視するなら、サプリに含まれる添加物に注目するべきでしょう。

合成葉酸はコストを低く作れるというメリットもあります。天然葉酸に比べて安定して供給できる分、サプリの価格が安くなります。ただし、添加物を利用すればいくらでも安く作れる分、「その会社が信頼・信用できる会社なのかどうか?」「葉酸以外の原材料や成分はどんなものが入っているのか?」が重要になってきます。

合成葉酸についてまとめる

  • 吸収率が天然葉酸の2倍
  • 厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸
  • 商品価格が安く作れる
  • 葉酸以外の原材料や成分が重要になってくる

合成葉酸は天然葉酸と同じように安全に摂取することができます。妊娠前~初期の神経管閉鎖障害の予防には、厚生労働省推奨の合成葉酸を選ぶのがおすすめです。

 必ず摂取しておきたい時期は妊娠前~妊娠初期

葉酸サプリを必ず摂取しておきたい時期は、妊娠1か月前~妊娠初期(3か月頃)です。赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすためにはこの時期に確実に葉酸が足りている状態にしなければなりません。

食事で一日当たりの必要量を満たそうと思うと、合成葉酸の2倍の量が必要になります。「赤ちゃんのためには、合成ではなく天然のものを口にしたい」という気持ちは親なら誰にでもあると思いますが、妊娠初期は確実に摂取することの方が合成葉酸を選んでおきましょう。

葉酸みどり
「天然葉酸は安全!!」と安全性だけを推しているサイトや会社もありますが、妊活~妊娠初期に必要なのは合成葉酸。名前のイメージに左右されないようにしてくださいね。

 

 天然葉酸と合成葉酸の見分け方

葉酸 見分け方

天然葉酸と合成葉酸の見分け方はとても簡単です。サプリの成分表記をチェックすればよいのです。

合成葉酸(モノグルタミン酸型)・・・葉酸
天然葉酸(ポリグルタミン酸型)・・・食品名や植物名(パセリ抽出物・ほうれん草抽出物など)

天然葉酸の原材料名には、「葉酸」という文字が出てきません。吸収率が悪くてもいいから天然葉酸を選びたいという方は原材料を見るときはそこに注目してください。

「天然が安全」「合成が危険」という情報に惑わされないこと

葉酸 違い

サプリを選ぶ時には「天然が安全」で「合成が危険」だという情報に惑わされないことが大切です。

葉酸サプリの場合は、必ず必要な妊娠前~妊娠初期に確実に葉酸を摂取できる合成葉酸を選ぶべきです。天然葉酸か合成葉酸かによって吸収率が大きく変わるので、効率よく摂取できる葉酸サプリを選んで赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防しましょう。

ただし、合成のサプリを選ぶ時にはサプリの安全性をしっかり確認することです。サプリの安全性は天然か合成かということではなく、「添加物に危険なものが含まれていないか」や「製造・管理体制が信頼できるか」が大事です。

天然葉酸・合成葉酸について知らなかった方はサプリ選びの参考にしてください。