人工授精(AIH)の流れや成功率・費用・人工授精後の過ごし方

人工授精 流れ

不妊治療でタイミング法の次に行われるのが人工授精(AIH)。タイミング法を何回か行っても授からず、ステップアップしようか迷っているかもしれませんが、人工授精は体への負担が少なく、自然妊娠に近い治療法。

“人工”という言葉のせいで人工的で高度な治療が行われそうな印象ですが、セックスをしないで運動率の良い精子を卵子の近くまで送るだけで受精・着床のプロセスは自然妊娠と同じです。不安に思うかもしれませんが、こちらで人工授精の流れや成功率、費用について知っておきましょう。

人工授精が向いている方・向かない方

人工授精は向いている方と向かない方がいます。どちらに当てはまるのかまず確認してみましょう。

  • 人工授精が向いている方・・・精子に問題がある、精子の侵入障害、セックスレス
  • 人工授精が向かない方・・・35歳以上の高齢妊娠、精子に問題がない

人工授精は精液の中から元気の良い精子を選んで卵子の近くに届けるという方法なので、精子に問題がある場合に特に効果が期待できるといえるでしょう。年齢や不妊の原因によっては、人工授精を飛ばして、体外受精にステップアップしたほうが良い場合もあります。

葉酸みどり
タイミング法を6周期頑張っても授からなかったという場合は、人工授精へのステップアップを考えましょう。

人工授精の流れ

人工授精 成功率

人工授精を行うときの一般的な流れを紹介します。

排卵日の推測と検討(生理1日目~5日目)

人工授精の成功率をあげるためには、排卵日を正確に予測することが大切です。まずは、人工授精に向けて生理が始まった日に、次回の排卵日を予測します。

そして、排卵の方法を完全自然排卵にするのか、排卵誘発剤を使うのかを検討します。きちんと排卵されているかどうか不安な人は、排卵誘発剤を利用するほうが妊娠できる確率が上がります。

超音波検査(生理10日目~12日目)

生理10日目ごとには、より正確に排卵日を予測できるように超音波検査を行い、卵胞の大きさや子宮内膜の厚さを測ります。血液検査で女性ホルモンのエストロゲンを測定して排卵日の特定をより確実にする場合もあります。

排卵日が特定できたら、人工授精を行う日時や、精子の採取方法などを相談して決めて、具体的な準備を始めていきます。

排卵日前~当日(生理12日目~14日目)

超音波検査で排卵の有無を確認して、排卵できていれば、自宅か病院であらかじめ採取しておいた精子をカテーテルを使って、子宮内に注入します。

採取した精子は病院で洗浄してから注入されます。痛みはほとんどなく、時間も数秒で終わります。

葉酸みどり
人工授精の成功率をあげるためには、基礎体温を普段からしっかりつけて排卵日の予想に役立てることが大切です。

人工授精の成功率・回数は?

人工授精の成功率は5~10%だといわれています。回数の目安は6回。人工授精で妊娠できたという人の9割が6回以内で妊娠しています。

年齢によっても目安となる回数は異なります。34歳以下では6回35歳~38歳では3回を目安にすると良いでしょう。39歳以上の場合は人工授精を飛ばして、次の体外受精にステップアップをすることも多くあります。

葉酸みどり
精子の運動率が高く女性の年齢が若い場合は、10回程度チャレンジする価値はありますよ。

費用の平均は?

人工授精の一回当たりの平均金額は、2~3万円です。ほかの不妊治療に比べて費用が少なくて良いのも、人工授精のメリットだといえますよね。病院によってもかかる費用が異なるので、いくつかの病院を比べてみるのもおすすめです。

人工授精は、保険が適用されませんし、原則として助成金は給付されません。でも地域によっては、助成金を均付してくれる地方自体もあるので、チェックしておきましょう。

また、一年間の医療費が10万円を超えたら確定申告で一部戻ってくるので、かかった医療費はしっかり記録しておきましょう。

関連記事
不妊治療にかかる費用の平均は?助成金を利用して損しないこと

人工授精後の過ごし方は?

人工授精 費用

人工受精後14日に、妊娠したかどうかを検査します。人工授精をしてから、妊娠の確認までの間は、いつも通りの生活をすれば大丈夫。特に安静にしておく必要はありません。

もちろん、妊娠の可能性があるわけですから、禁酒や禁煙をてっていし、過度な運動は控えましょう。

葉酸みどり
人工授精後、15分程度の休憩をした後は普段通りに生活することができます。

人工授精をする前に夫婦で話し合いを

タイミング法から人工授精にステップアップするときには夫婦でしっかりと話し合い、回数と期間を決めておきましょう。年齢によっては人工授精に時間をかけず体外受精にステップアップしたほうが良い場合も多いので医師のアドバイスも参考にしてください。

身体への負担もなく、自然妊娠のプロセスで妊娠することが可能な人工授精。人工という言葉のイメージとはずいぶん違いますよね。できれば人工授精で妊娠したいという人も多いと思います。

でも、成功率はそんなに高くありませんし向き不向きもありますから、うまくいかなくてもあきらめず、「まだ次の方法がある」とポジティブな気持ちで頑張りましょう。