顕微授精(ICSI)のスケジュールや成功率、費用、リスク

顕微授精 流れ

タイミング法や人工授精、体外受精など、一通りの不妊治療を行ったのに効果がなかった場合や旦那さんの精子に問題がある場合に行われるのが顕微授精(ICSI)。顕微授精にステップアップするのはとても不安だと思います。

顕微授精は費用も高いので何回も受けられるものではないからこそ、スケジュールや体外受精との違い、費用、成功率、リスクなどについてしっかりと理解して治療を受けるか夫婦で話し合いをしましょう。

顕微授精のスケジュール

顕微授精 スケジュール

顕微授精の流れや、治療方法を紹介していきます。

顕微授精は、排卵コントロール→採卵・採精→受精→培養→胚移植という流れで治療を行います。治療の流れは体外受精とほぼ同じです。

体外受精と顕微授精の違いは精子の選別方法と受精方法です。

顕微授精の場合、精子の中からより元気なものを選べる確率が上がります。精子を凍らせて保存しておく凍結融解精子は男性が忙しくてスケジュールを合わせにくいときに便利ですが、運動量が半減してしまうというデメリットがあります。顕微授精なら適切な精子を選ぶことができるので、凍結融解精子を取り扱うのは顕微授精のみと決めている不妊治療施設も多いようです。

受精方法も顕微授精の方がより確実です。体外受精は、シャーレ上で、精子と卵子を出会わせるという方法で、精子が自力で卵子の中に入るのを待ちます。一方顕微授精は、顕微鏡の下で細いガラス管を用いて精子を卵子に注入し、人工授精を行いますから、体外受精よりも成功率が高くなります。

精子の働きをよりサポートする不妊治療ということで、顕微授精は重症乏精子症、重症精子減少症、精子無力症、精子奇形症、不動精子症など主に男性の不妊症や受精障害があるときに行われることが多いです。精子所見が悪かったり、無精子症でも顕微授精によって妊娠できる可能性があります。

関連記事
体外受精(IVF)のスケジュールや成功率、費用、助成金、リスク

葉酸みどり
顕微授精は体外受精では受精卵を得られない場合に行われる治療で、不妊治療の中でも最も受精率が高い治療方法です。

 

顕微授精の成功率

顕微授精 成功率

顕微授精の成功率は年齢にもよりますが、35歳以下では40%と高い確率になっています。人工授精の成功率が5~20%ですから、倍近い確率で妊娠できるということになります。

体外受精で受精しなかった場合に行われることが多く、人工的に卵子の中に精子を注入するので、体外受精よりも受精率は確実に高くなります。しかし、年齢が上がるほど成功率が下がり、43歳以上では数%になります。

リスク

顕微授精を行う前には、どんなリスクがあるか知っておくことも必要です。

自然妊娠の場合には、受精機能が異常な精子や遺伝子にリスクを持っている精子は、受精できずに流れてしまうことがほとんどですが、顕微授精の場合は人工的に精子を選びとるので、どんなに注意を払ってもリスクを持っている精子を選んでしまう可能性は0ではありません。

また、顕微授精が必要な場合は、男性が高度な乏精子症や無精子症であることが多く、染色体に異常を持っている確率が通常よりも上がります。そういった男性の精子を卵子と受精させることで、生まれる子どもにも遺伝して、高度な欠乏症や無精子症になることもあります。

顕微授精では造精機能障害だけでなく、その他の染色体異常のリスクも、自然妊娠より高くなるということは知っておきましょう。男性が重度の造精機能障害で、リスクがどれくらいあるのかを知りたい場合は、希望すれば染色体検査をすることができます。

卵巣刺激、採卵、胚移植などを行うときに女性の体に与えるリスクは、体外受精と同様です。

顕微授精にかかる費用

顕微授精 費用

不妊治療の最終段階ともいえる顕微授精は、高度な治療になるので、保険が適用されず、費用も高額になります。一回の顕微授精に約51万。治療を続ける期間の平均は4年で、平均227万6000円の費用が必要になります。

自分たちだけで用意するには大変な金額ですよね。親の援助を受けて行っている人も多くいるようです。

厚生労働省が定めた「特定不妊治療費用助成制度」を利用すれば、顕微授精にかかる費用を一部助成してくれるので、チェックしておきましょう。助成額は一回15万円で、3~10回(治療を始めた年齢による)まで女性を受けられるので経済的な負担を軽減してくれるでしょう。

葉酸みどり
不妊治療の中でも最も高額となる顕微授精。経済的な面でも、どこまで頑張れるかをあらかじめ決めておくようにしましょう。

 

リスクや費用を理解してステップアップを検討しましょう

顕微授精は、不妊治療の中でも最も受精率が高く、効果が期待できる治療方法です。人工授精、体外受精では妊娠できなかったという場合でも、妊娠できる可能性が十分にあります。でも、その分様々なリスクがあるということを忘れてはいけません。

生まれてくる赤ちゃんへの影響、女性の体への負担、経済的負担など、リスクをしっかりと理解した上で、ステップアップするかどうかを夫婦で相談しましょう。