卵子の老化を防ぐ!!ミトコンドリアを増やす&活性化する方法

卵子 ミトコンドリア

私たちの体の中にある細胞全体の10~20%を占めて、細胞すべてのエネルギーを作りだす「ミトコンドリア」。不妊治療の分野で卵子・精子の老化防止し、若返らせる可能性があることで注目されています。卵子の質が良いと妊娠しやすいというのは聞いたことがありますよね。ミトコンドリアが元気だと若々しい卵子を保つことができるので妊娠しやすくなり、妊娠率がアップすると言われています。

こちらではそんなミトコンドリアを増やす方法、活性化させて元気にする方法を紹介していきます。

ミトコンドリアを効果的に増やす方法

ミトコンドリアは、増やすことができます。効果的に増やす方法を知って、生活に積極的に取り入れていきましょう。

背筋を1分間伸ばす

背筋伸ばす

「背筋を1分間伸ばす」という簡単なことを習慣にするだけで、ミトコンドリアは増やすことができるんですよ。ミトコンドリアは筋肉に多く含まれてて、運動によって増やすことができます。背筋の筋肉には特に多く含まれているので簡単な運動でも効果が大きいのです。

背筋をピンと伸ばすためには、背中の筋肉を使い続けなければなりませんよね。ミトコンドリアは持久力を伴う運動で増やせますから、背筋を1分間伸ばすという筋肉の運動はミトコンドリアを増やすのにぴったりなのです。

インターバル速歩

インターバル速歩

ミトコンドリアを増やすためには、「3分走って3分間歩く」を交互にくりかえすインターバル速歩がとても効果的です。

ミトコンドリアはジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動で増やすことができますが、有酸素運動は「有酸素状態」になるまでに30分間かかるといわれています。「有酸素状態」になるまでの運動は無駄になってしまうのです。

そこで、有酸素運動を始める前に、どっと汗をかくようなきつめの運動を取り入れることで、体が「有酸素状態」になり、効率よくミトコンドリアを増やすことができるのです。

ヨガ

妊活 ヨガ

ヨガなどのゆっくりとした動きの運動も、ミトコンドリアを増やすのにぴったりです。ゆっくり体を動かすときには、体の中の筋肉をたくさん使わなければ美しい姿勢を保てません。

筋肉の中に多く含まれるミトコンドリアが、ヨガで体中の筋肉を動かすたびに増えていくのです。

関連記事
妊活中の運動はウォーキングやヨガで手軽に血行促進!【動画あり】

寒さを感じることをする

妊活 冷え

ミトコンドリアは「体がエネルギーを欲している!」と感じると、増えます。体は、「寒い」と感じたら、体温を上げるためのエネルギーを求めます。エネルギーを作り出すために、ミトコンドリアが細胞内で増えていくのです。

寒いところに行ったり、サウナから急に水風呂に入ったり、寒中稽古に通ったり、体が急激に寒さを感じられることをすれば、ミトコンドリアを増やすことができるでしょう。ただし、冬場などでは寒さは風邪の原因になるし、体の冷えは妊活の大敵なので要注意です。

空腹を与える

妊活 ダイエット

「寒い」と感じたときと同じように、空腹を感じたときにも、体はエネルギーを作り出そうとします。だから、空腹を与えることでミトコンドリアを増やすことができるのです。

体ははエネルギー不足を感じると、エネルギーを作り出すために、ミトコンドリアを増やします。常に満たされていて栄養が体中にいきわたっている場合、ミトコンドリアは怠けてエネルギーを作り出すことをやめてしまいますから、気を付けましょう。

ミトコンドリアを活性化させる方法

妊活 運動

ミトコンドリアは活性化させることで、卵子の質をアップさせることができます。どのような方法で活性化することができるのか、紹介します。

カリウムを含む食べ物を食べる

カリウムには、卵子の老化を防ぐ働きがあります。抗酸化作用もあり、ミトコンドリアの大敵となる活性酸素を抑えることができるので、ミトコンドリアを増やしたい、と思っている人は、カリウムを含む食べ物をたくさん食べましょう。

関連記事
卵子の老化を防ぐ食べ物で妊娠力をアップさせる4つのポイント

ややきつめの有酸素運動、筋トレで筋肉をつける

ミトコンドリアは、筋肉の運動によって活性化せることができますが、激しいランニングでは活性酵素を増やしてしまい、ミトコンドリアの老化につながってしまいます。

ですから、インターバルを速歩などの激しすぎない「ややきつめの有酸素運動」で、活性酸素を増やさずに、エネルギーを作るようにすることが大切です。

また、ミトコンドリアは筋肉に多く含まれますが、体の筋肉のうち約7割は下半身についています。スクワットなど下半身中心の筋トレをすることでもミトコンドリアを活性化せることができます。

できるだけ、普段からインターバル速歩やスクワットなどを取り入れてミトコンドリアを元気にしてきましょう。

運動を始めると、最初はきつくても徐々に慣れてくるのを感じますよね。それはミトコンドリアが活性化してきたという証拠です。ミトコンドリアを感じながら、毎日継続して運動ができるといいですね。

酸素を多く取り入れる

ミトコンドリアは酸素が大好きなので、深呼吸や腹式呼吸をして、酸素を多く体に取り入れることで、活性化できます。普段の生活でも、意識的にミトコンドリアの元気の素となる酸素を、取り込入れられるようにしましょう。

体を温める

体は冷えてしまうと、血流が悪くなり、体に十分な栄養と血液が行き届かなくなってしまいます。体が冷えると筋肉も硬直しますし、運動しても効率よくミトコンドリアを増やすことができません。

体を温めることは、ミトコンドリアを活性化するためにも必要ですが、子宮内の環境を良くしたり、着床率をアップさせたりと妊娠力を高めることにもつながります。

まずは体を温めて、血流をアップしてから、ミトコンドリアに今エネルギーが必要なんだということを知らせましょう。

関連記事
妊活の大敵!!体の冷えを対策して妊娠力をあげる8つの方法

卵子の老化を抑えるサプリを使う

卵子の老化や質の低下による不妊は、年齢を重ねるほど多くなっています。卵子の老化を抑えるサプリが製造、販売されているので、利用してみるのもおすすめです。

卵子の老化を抑える効果のあるサプリの多くが、ミトコンドリアに注目しています。ミトコンドリアを増やしたり活性化させることで卵子の質にアプローチしていきます。

原因不明の不妊に悩んでいる場合は、卵子の質の低下が原因になっている可能性があります。サプリの力を借りてミトコンドリアを活性化させることができたら、卵子の質が上がり、妊娠力もアップするかもしれません。

ミトコンドリアを元気にして卵子の老化を防止しよう

妊活 運動

ミトコンドリアは、妊娠力に大きく関わっている細胞です。ミトコンドリアの元気がないと、十分なエネルギーが与えられないので、卵子の質は下がり、老化していきます。

ミトコンドリアはちょっとした工夫で簡単に増やしたり、活性化させることができるので、普段の生活で意識していきましょう。ミトコンドリアを元気にすることで卵子の老化を防ぐことができます。妊娠力アップのためにも、ミトコンドリアを意識した生活を始めましょう。

関連記事
卵子の質を上げるためにできる具体的な4つの方法