無添加なんてない!?葉酸サプリに使われている添加物の役割

葉酸サプリ

葉酸サプリに限らず、サプリメントには必ず添加物が入っているものだと思ってください。というのも、サプリを作るときには最低限「粉をサラサラにする」「錠剤にするために固める」「カプセルの形を形成する」ための添加物が必要になるからです。タブレットタイプならセルロース、カプセルならゼラチンやグリセリンです。

無添加を謳っているサプリメントは多いですが、99%これらの成分が入っているはずです。勘違いしやすいのが「添加物が入っているから危険」ということではないってことです。こちらでは主に葉酸サプリに含まれる添加物について詳しく説明していこうと思います。

添加物が入っているから危険とは限らない

「サプリメントは添加物から入っているから危険」だと思っている人は多いと思います。でも、すべての添加物が危険だというわけではありません。添加物のほとんどが、安心して使用することができると許可されています。添加物の危険性と気を付けるべきポイントを紹介します。

添加物は本当に危険なの?

妊娠中 薬

“添加物”という言葉にネガティブなイメージを持つ人は多いですよね。「危険」というイメージが定着しているのは否めません。

確かに、添加物は摂りすぎると体に悪影響を与えることもあります。できるだけ摂取を控えることは健康のために大切ですしね。でも、サプリメントを作るためには、添加物がある程度必要になってくるということは覚えておいてください。

添加物が使用されているのは「サプリメント」だけではありません。薬局や病院で処方される「薬」にもサプリと同じような添加物が使用されています。「薬」を飲むときに、添加物の危険性を考える人は少ないですよね。安心して処方どおり服用すると思います。でも、化学物質で作られているという点では、「薬」も「サプリメント」もほとんど変わらないのです。

風邪を引いたら風邪薬を飲むのと、葉酸を取るために葉酸サプリを摂るのはほぼ同じことなんです。

また、添加物自体のリスクとは別に、製造工程で不純物が混じるという心配もありますが、会社によってはサプリメントも医薬品と同じGMP基準の工場で作られることが増えています。GMP基準の工場で製造されている商品を選べば安心してサプリを利用できると思いますよ。

不必要な添加物を摂らないことが重要

添加物

添加物を一切摂らないようにすることではなく、不必要な添加物を摂らないようにすることが大切です。葉酸サプリのように、必要な栄養素を摂るためにサプリメントに含まれる添加物を摂取することは”不必要”ではないのです。

妊活~妊娠中に必要な栄養素は食事で積極的に摂れるのが一番です。

しかし、“葉酸”に関しては、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減するという効果を期待して、効率よく体に吸収される合成葉酸を摂取する必要があります。そのため、葉酸はサプリメントを利用して確実に摂取することが、厚生労働省からも推奨されています。

葉酸サプリに含まれる添加物の量も商品によって違いますから、不必要な添加物を避けることは重要です。特に、配合成分の量が少ない商品は、栄養価が低く、サプリのほとんどが添加物ということもあります。原材料名をしっかりチェックしてどんな添加物がどれくらい含まれているのかを確認しましょう。

葉酸サプリに使われていても安全な添加物

サプリ 添加物

添加物の中には、サプリを作る時に必ず必要になってくるなってくるものあります。以下の添加物は、もしサプリに配合されていたとしても、不安にならなくても大丈夫なものばかりです。添加物の種類や安全性の知識を持っておくだけで、安心してサプリを選ぶことができますよね。

還元麦芽糖

還元麦芽糖は別名「マルチトール」とも呼ばれています。ジャガイモやさつまいも、トウモロコシなどを原料としているので甘味料の一種として使われます。

でも、葉酸サプリで使用されるときは、甘味料としてではなく、サプリの形を整えたり、適当な大きさにする賦形剤として使われています。増量剤として使われる麦芽糖(マルトース)とは別物です。

セルロース

セルロースはブドウ糖が結合した粘り気のある添加物でサプリを固めるときに賦形剤、増粘剤として使われます。毒性はほとんどないので安心して使用できますよ。

グリセリン脂肪酸エステル

サプリを作る時には、水と脂のように、混ざりにくいものを混ぜ合わせなければなりません。そこで必要なのが乳化剤です。グリセリン脂肪酸エステルは乳化剤としてサプリに含まれる成分を混ぜ合わせるときに使用されます。

ステアリン酸カルシウム(ステアリン酸Ca)

グリセリン脂肪酸エステルと同じように乳化剤として使用されるステアリン酸カルシウムは、昔から、医療品などによく使用されていました。

ほとんど害はないと考えられていますが、「毒性を表す証拠が見つけられていない」というだけで、「安全性に関して、十分な確証が得られているわけではない」という状態の成分です。気にするほどではないと思いますが、確実に安心!という添加物しか摂りたくないという人は避けておいた方が良いかもしれません。

微粒二酸化ケイ素

微粒二酸化ケイ素は、サプリが吸湿するのを防ぐために使用されます。製造過程で混入されることも多いみたいですね。別名「シリカゲル」といって、乾燥材として目に入ることも多いと思います。体内に吸収されずに排出されるので、安心して使用できる添加物です。

サプリメントに必要ない添加物

葉酸サプリ 添加物

サプリメントを作る時に必要な添加物は

  • 粉を混ぜ合わせるのに必要なもの
  • サプリを固めるのに必要なもの
  • カプセルの原料になるもの

です。その他の着色料、発色剤、保存料、甘味料、酸化防止剤、漂白剤、防カビ剤などは必要ありません。 増量剤である麦芽糖(マルトース)や澱粉も体への毒性はなく安全な添加物ですが、サプリを作る時に必ず必要なものではないですよね。

添加物はできるだけ取らずに必要最低限の摂取に抑えられるようにしましょう。

関連記事
妊活・妊娠中は避けたい危険な食品添加物!!あなたは大丈夫?
 

無添加と書かれているサプリは嘘なの?

無添加 葉酸サプリ

「無添加」と書いてあると添加物が一切入っていないイメージを持つと思います。でも、すべての添加物ではなく、一部の添加物が無添加という場合にも「無添加」と表記されることが許可されています。

妊活・妊娠中の女性の心理としては、「赤ちゃんのためにもなるべく添加物を控えて安全なものを選びたい」という気持ちが強いと思います。その心理を逆手に取って、“無添加”を強調しているサプリもたくさんあります。でも、完全に無添加という商品はほとんどありません。

どの添加物について”無添加”であるかは、必ず注意書きでどこかに記載されていますから、チェックしてみてください。「○○不使用」や「○○無添加」などと書かれているはずです。

無添加という表記は嘘ではありません。でも多くの商品が”完全無添加”ではないというところがポイントです。広告やインターネットの商品ページでの“無添加”という言葉をそのまま鵜呑みにするのはやめましょう。自分の目でどんな添加物が使われているのかをチェックしてくださいね。

葉酸サプリを選ぶときは添加物の種類・量に気をつけましょう

危険 添加物

葉酸サプリで完全無添加にこだわってしまうと、選択肢がかなり減ってしまいます。大切なのは極力、添加物の摂取を控えること。添加物の種類や量に気を付けて、商品を選ぶようにしましょう。

特に、サプリの成分量が少ないものは栄養価が低く、サプリの99%が添加物ができているということも多々あるのでお勧めできません。葉酸を効率よく確実に摂取するためには、葉酸サプリの使用は必須です。妊活~妊娠中でも安心して飲める商品か確かめるためにも、添加物はしっかりチェックしましょう。