妊活におすすめの飲み物6選と避けたい飲み物

妊活 飲み物

妊活女性にとって少しでも妊娠しやすい体になりたいと思うのは当然です。「妊活中に食べたい!妊娠しやすい体質にしてくれる5つの授かり食材」では食べ物を紹介していますが、こちらでは妊活におすすめの飲み物を紹介しています。

コーヒーなど妊活中は避けたい飲み物も一緒に紹介するので、おすすめの飲み物と一緒に確認しておきましょう。

妊活におすすめの飲み物6選

妊娠しやすい体づくりのためにおすすめの飲み物を紹介していきます。

ルイボスティー

ルイボスティー

ルイボスティーはとても成分の豊富なお茶です。妊娠しやすい体づくりのために活性酵素を除去してくれる成分がたくさん含まれています。

  • ポリフェノール・・・活性酸素を抑えて卵子の質を良くする効果があります
  • 亜鉛・・・酵素の働きを良くして、活性酸素を抑えるサポートをします
  • ミネラル・・・豊富に含まれるミネラルは、構成が体液の構成比ととても近いため、細胞を活性化して代謝を促します

ルイボスティーはノンカフェインなので、妊活にもぴったり。体を温めるためにはホットで飲むのが理想ですが、アイスでも飲めるので、通年常飲することができます。

⇒ルイボスティーを見る【楽天市場】

たんぽぽコーヒー

妊活 コーヒー

妊活中に、「コーヒーが飲みたい!でもカフェインが気になる」というときにはたんぽぽコーヒーがおすすめです。たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根から抽出したもので、風味がコーヒーによく似ているのでコーヒーの代わりとして飲んでいる人もいます。コーヒーのように飲めるのにノンカフェインなのが嬉しいですよね。

たんぽぽは、ホルモンバランスを整える効果があり、漢方にも使われます。妊活中の女性にとってホルモンバランスを整えてくれるというのはとても魅力的ですよね。排卵機能や卵巣機能を整える効果が期待できます。

栄養価も高く、鉄分やビタミン、ミネラルを豊富に含むので、妊活にもぴったり。商品によって味や風味が違うのでお気に入りを見つけてみてください。

⇒たんぽぽコーヒーを見る【楽天市場】

ピュアココア

妊活 ココア

ピュアココアには子宮環境を整える亜鉛、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれているので妊活効果が期待できます。男性不妊にも効果があるので、夫婦で飲むのがおすすめです。

ピュアココアなら、砂糖や粉乳が入っていないので、料理に使うこともできますし、効率よく効果を得られます。妊活のためにはミルクココアではなくピュアココアを選びましょう。

⇒ピュアココアを見る【楽天市場】

柘榴の滴(ザクロのしずく)

ザクロのしずく

「妊娠したい」という女性の多くが飲んでいるザクロのしずく。一本に約50個分のザクロが濃縮されています。ザクロにはビタミンやミネラル、ザクロポリフェノールなどたくさんの妊活成分が含まれているので、毎日飲み続けることで妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれるでしょう。

砂糖不使用ですっきり飲めるだけでなく、無添加で農薬不使用なので、安心して口にすることができます。水や炭酸で薄めて飲んだり、料理に使ってみたり、いろいろなバリエーションを楽しめるのも魅力ですよね。

⇒ザクロのしずくを見る【楽天市場】

おたね人参+葉酸

おたね人参+葉酸

「おたね人参+葉酸」は、飲むタイプの葉酸サプリです。妊活に嬉しい成分がたっぷり配合されています。

  • おたね人参・・・体を温め、冷え性改善効果があります。
  • 葉酸・・・染色体異常や神経管閉鎖障害を予防するために妊活中から摂取が必要な成分。
  • マカ・・・ミネラルを豊富に含み、ホルモンバランスを整えたり、生殖機能を高める効果あり。
  • しょうが・・・体を内側からポカポカと温めるので、冷え対策になります。
  • よもぎ・・・女性に嬉しいハーブとしてお灸やよもぎ蒸しなどに使われています。

その他にも鉄やカルシウムやビタミン類を豊富に含んでいるので妊活女性にはおすすめです。レモンジンジャーの味で、おいしく飲めると評判です。

⇒おたね人参+葉酸を見る【公式サイト】

烏骨鶏の卵酢

烏骨鶏の卵酢

烏骨鶏の卵は、良質なたんぱく質を含み、体に良いといわれています。その烏骨鶏の卵を原料にした「烏骨鶏の卵酢」。様々な野菜や果物から抽出した酵素がたっぷりと含まれているので、烏骨鶏の卵の栄養の吸収率が高まります。

烏骨鶏の卵、酵素、お酢の3つの力で妊娠しやすい体へと導いてくれるスーパードリンクです。そのままスプーンですくって飲んだり、料理に加えたりして幅広く使えます。

⇒烏骨鶏の卵酢かを見る【楽天市場】

妊活中は避けたい飲み物

妊活に効果的な飲み物だけでなく、妊活中に避けた方が良い飲み物も知っておきたいですよね。妊活中、なるべく避けたい飲み物を紹介していきます。

コーヒー

妊活 コーヒー

コーヒーにはカフェインが含まれます。カフェインは鉄の吸収を妨げますから、貧血や鉄不足になりやすくなります。

妊活中は、子宮に十分な血液を送って、子宮内膜をフカフカにすることが大切です。カフェインを含む飲み物をたくさんのむと、理想的な子宮環境は作れません。コーヒーだけでなく緑茶や紅茶などに含まれるカフェインにも気を付けましょう。

また、コーヒーには利尿作用があり、排出時に体の温度を下げてしまいます。つまり、コーヒーは「体を冷やす飲み物」といえます。妊活中には、身体をできる限り温めることが大切ですから、コーヒーを日常的に飲むのは控えた方が良いでしょう。

お酒

妊活 ワイン

お酒は少量なら大きな影響はありませんが、毎日二杯以上飲み続けると不妊の割合が60%増えるという研究結果もあります。完全に禁酒するのがストレスになる場合は、無理する必要はありませんが、少しずつ量を減らしていくようにしましょう。

妊娠中のお酒は赤ちゃんの健康な発達の妨げになるので、厳禁です。妊娠してから禁酒するのはなかなか難しいもの。妊活中から、徐々に禁酒に向けて準備を始めておくようにしてください。

お酒好きの夫婦の場合は女性だけが禁酒することでストレスを感じることも多いので、夫婦で禁酒を目指すのがおすすめです。

カフェイン入りのお茶(ウーロン茶・緑茶・紅茶など)

妊活 お茶

コーヒーだけでなく緑茶や紅茶などにもカフェインは含まれます。前述したように、カフェインには鉄の吸収を抑える作用があるので、妊娠しやすい子宮環境を作る妨げになります。コーヒーだけ避けておけば大丈夫と油断しないようにしましょう。

常飲するお茶類は、カフェインを含まない、麦茶や黒豆茶、ルイボスティーなどのノンカフェインのものを選びましょう。

炭酸飲料(糖分・カフェイン入り)

妊活 炭酸

炭酸飲料には糖分がたくさん含まれています。炭酸飲料やジュースに含まれる糖分はほとんどが白砂糖。白砂糖は身体を冷やす食べ物ですから、妊活の大敵ということになります。知らないうちに体を冷やしてしまっていることのないように、糖分を多く含む飲み物はなるべく控えてください。

また、炭酸飲料にはカフェインが含まれていることが多いです。カフェインは妊活の妨げになるので、できれば避けたいところ。妊活中は糖分やカフェインが含まれない飲み物を選びましょう。

葉酸みどり
妊活中に避けたい飲みを避けるだけでも、妊活効果が期待できそうです。基本的には身体を冷やす冷たい飲み物はなるべく飲まないようにしましょう。 飲み物は常温か温めて飲むのが妊活の基本です。

 

【番外編】知られてないけどおすすめしたいのが酵素ドリンク

優光泉

酵素と聞くとダイエットのイメージが強いですよね。でも、妊活女性にもおすすめなんです。酵素ドリンクは妊活向けとしては知られていませんが、酵素の持つパワーで妊娠しやすい体へと導いてくれます。

酵素は人体が消化と代謝を行うために必要な物質。代謝を良くして血流をアップさせたり、ホルモンバランスを整えたり、冷え性を改善してくれます。どれも妊活に嬉しいことばかりですよね。酵素ドリンクは身体の調子を整えて正常な働きが出来るように促してくれる効果があるので妊活にもぴったりです。

酵素ドリンクを選ぶ時には、○○液糖、ぶとう糖液糖、シロップなどが入っていない本物の酵素ドリンクを選ぶことが大切です。糖分を摂ってしまうと妊活の妨げになりますし、酵素の吸収も少なくなってしまうからです。

本物の酵素ドリンクなら『優光泉』がおすすめです。60種類の吸収野菜の酵素が配合されているので、ばっちり酵素を摂ることができるでしょう。完全無添加なので安心感もあります。

⇒優光泉を見る【公式サイト】

ぜひチェックしてみてくださいね。