妊活・妊娠中の飲酒が赤ちゃんに与える影響は?少量でも危険なの?

妊娠 飲酒

お酒が赤ちゃんに悪影響を与えるのは知っているから、妊娠してから飲酒しようと思う方は少ないですよね。お酒を飲むと具体的にどのような影響があるのか?少量だけなら飲んでもいいのか?

「妊活中だけど飲み会があって飲んでしまう」
「妊娠に気付かずに飲んでしまって不安を感じている」
「妊娠中だけどお酒が飲みたくなる」

という方は飲酒が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか確認しましょう。

妊娠中にアルコールが胎児に与える影響

お酒 赤ちゃん

妊娠中の飲酒がおなかの中の赤ちゃんに与える影響には、様々なものがあります。

飲酒によって引き起こされる影響として流産や死産の確率があがります。アルコール中毒の女性と、アルコールを摂取しない女性とでは、乳児の死亡率に差が出たという報告もあります。

また、胎児の先天異常のリスクが高くなることも明らかです。アルコールによる典型的な先天異常は「胎児アルコール症候群」と呼ばれます。どんな症状が現れるかというと、

  • 子宮内胎児発育遅延・・・低体重出生、低身長、成長障害など
  • 中枢神経障害 ・・・精神遅滞や多動症など
  • 頭蓋顔面奇形 ・・・小さな目、薄い唇などの小頭症
  • そのほか様々な奇形・・・心奇形、関節異常など

などです。

アルコールに含まれるエタノールや代謝産物であるアルデヒドが胎盤を通過して、胎児の細胞に異常を起こすと考えられています。特に、妊娠初期の器官形成期のアルコール摂取は特異願望やそのほかの様々な奇形のリスクを高め、妊娠中後期には胎児発育遅延・中枢神経障害などのリスクが高まります。

葉酸みどり
妊娠中は、おなかの中の赤ちゃんへの影響を考えて、全期間を通して禁酒するようにしましょう。

 

妊活中・妊娠中の飲酒Q&A

妊活中や妊娠中の飲酒について気になる質問をまとめてみました。

妊活中は飲酒してもいいの?

妊活中は飲酒しても大丈夫です。

ただし、アルコール摂取は、週に2日コップ2杯程度にするようにしましょう。

胎児に影響があるわけれはないので、妊娠前から禁酒する必要はありませんが、毎日アルコールを摂取している女性は、アルコールを摂取していない女性に比べて、不妊の割合が60%も増えるというデータもあります。

1日1杯未満の飲酒なら、不妊の割合が35%低下するという報告もありますし、ワインには妊娠を促進させる効果があるとも考えられています。

妊娠したら禁酒しなくてはならないわけですから、妊活中にアルコール依存になるほど飲酒するのはよくありません。適度な量を心がけて毎日ではなく、時々にしましょう。

妊娠に気づかなくて飲酒してしまったけど大丈夫?

まだ妊娠に気付いていない時期を妊娠超初期といいます。

妊娠超初期に飲酒してしまったことを、妊娠してから不安に思う女性はたくさんいますよね。妊娠に気づかずにお酒を飲んでしまったけれど、妊娠が分かってから禁酒したという場合は、ほとんど問題ないようです。少量であれば気にする必要はないでしょう。

妊娠超初期~初期に、大量飲酒していたとしても、その後に禁酒した場合、中枢神経障害をおこさなかったというデータも報告されています。

大切なのは、「妊娠に気付いたらすぐに禁酒を始めること」です。

とはいえ、アルコールが胎児に悪影響を与えるリスクを高めるのは確かなので、妊娠の可能性が少しでもある場合は、普段からお酒を控えるようにしておくことをおすすめします。

妊娠中でも少量のお酒なら大丈夫?

「胎児アルコール症候群」と呼ばれる赤ちゃんは、アルコールを妊娠中に大量摂取していた女性から生まれてくることがほとんどです。1日のアルコール摂取量が15ml以下なら、胎児には影響がなかったという報告もあるそうです。(アルコール15mlは、ビールコップ一杯分くらいの量です。)

1日のアルコール摂取量が90ml以上の場合、奇形の発生リスクは明らかに高くなり、120ml以上の場合 胎児アルコール症候群発生率30~50%になります。つまり、大量に飲むのは絶対にダメということですね。

でも、「お酒60~90ml を毎日ではなく時々飲んでいた」という場合でも、胎児がアルコールの影響を受けてしまうケースが多いので、単純に1日当たりの摂取量では測れないという部分もあります。

特に「中枢神経障害を持っている子供は、その8割が母親が妊娠中に70~80ml (または75ml )以上を週に数回飲んでいた」というデータもあり、それからもわかるように、量だけでなく飲酒回数も胎児の発育に影響を及ぼすといえます。

「これくらいの量だったら大丈夫」という安全量は確立されていないので、妊娠中は控えるようにしましょう。

葉酸みどり
妊娠超初期の少量の飲酒ならおなかの赤ちゃんにはほとんど問題ありませんから、安心してくださいね。

 

お酒は絶対にダメではないけど、控えること

妊婦 飲酒

1日に15ml未満なら、胎児に影響はないといわれているので、少量であれば絶対にだめというわけではありません。しかし、100%安全だと確立されているわけでもありません。

アルコールが胎児の発達に悪影響を与える可能性があるということは変わりません。妊娠が発覚したら速やかに控えるようにしましょう。

どうしても、お酒が飲みたくなったときや、飲み会に参加するときなどは、ノンアルコールドリンクを利用するのがおすすめです。

葉酸みどり
禁酒も、妊娠中にママが赤ちゃんのためにしてあげられることの一つです。母になるために必要なことだと思って頑張りましょう。