黄体ホルモンを増やすには食べ物やサプリでビタミンEを摂取!

黄体ホルモン 増やす

高温期のホルモン検査で黄体ホルモン(プロゲステロン)が少なかった。高温期が短いといった場合、黄体ホルモンを増やしてどうにかしたいと思いますよね。黄体ホルモンは子宮内膜を柔らかく、厚くして受精卵が着床しやすくしてくれる大切なもの。

黄体ホルモンを増やす薬であるデュファストンですでに治療されている方、高温期が短いのが気になる方は、こちらで紹介する黄体ホルモンを増やすことのできるビタミンEを含んだ食べ物やサプリを参考に積極的に摂取していきましょう。

黄体ホルモン(プロゲステロン)を増やす食べ物

黄体ホルモンは体内で生成されます。ですから、黄体ホルモンの分泌を促進させてくれる効果のある食べ物を積極的に摂ることで、黄体ホルモンを増やすことができます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)を増やす栄養素は、ビタミンEとビタミンCです。それぞれどんな食べ物に含まれているのか紹介していきます。

ビタミンE

黄体ホルモン ビタミンE

ビタミンEは、黄体ホルモンの材料になっている別名「子宝ホルモン」と呼ばれている栄養素です。黄体ホルモンを増やしたり、女性ホルモンの分泌を行う下垂体に働きかける効果があります。生殖機能を維持することができ、黄体機能不全の改善にも効果的だということが海外でも明らかになっている、妊活には欠かせない栄養素だといえます。

また、抗酸化作用があるので、老化防止や、動脈硬化の予防、血行促進などの効果も得られ、加齢による影響を少なくしたり、生活習慣病の予防にもなります。

ビタミンEを多く含む食品を意識して食べることで、妊活効果を期待できるというわけです。不妊治療の一環としても、多くの医療機関でビタミンEの積極的な摂取が推奨されています。薬と違って副作用の心配もないので安心ですよね。

ビタミンEを多く含む食品は

  • ナッツ類・・・アーモンド、落花生など
  • 油脂類・・・コーン油、オリーブオイル、ひまわり油など
  • 野菜類・・・かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、アボカドなど
  • 魚介類・・・はまち、あゆ、うなぎ、いくらなど
  • その他・・・卵、納豆など

です。毎日の食事に積極的に取り入れてみましょう。

ビタミンC

黄体ホルモン ビタミンC

ビタミンEと同じく、抗酸化作用のあるビタミンCをビタミンEとあわせて摂取することで、より高い抗酸化作用が期待できます。相乗効果が狙えるというわけですね。

また、ビタミンCが不足してしまうと、貧血や食欲不振・倦怠感などの症状が出ます。妊活を妨げる要因となってしまうので、普段から不足しないように意識することが大切です。ビタミンCは身体の中で作り出すことができない栄養素なので、食べ物や飲み物から積極的に摂取しましょう。

ビタミンCを多く含む食べ物は

  • 野菜類・・・赤ピーマン、黄ピーマン、キャベツ、ジャガイモ、ブロッコリー、ホウレン草など
  • 果物類・・・いちご、キウイ、レモン、オレンジ、パイナップルなど
  • 海藻類・・・わかめ、焼きのり、とろろ昆布など
  • その他・・・緑茶など

です。不足しないように気を付けましょう。

黄体ホルモン(プロゲステロン)を増やすサプリ

黄体ホルモン(ポロゲストロン)は、食べ物からだけでなく、サプリメントを使っても増やすことができます。黄体ホルモンを増やすのに効果的なサプリにはどんなものがあるのか、紹介します。

ベジママ

ベジママ

ベジママは、黄体ホルモンを増やすための商品ではありません。ですが、高い妊活効果が期待できる成分がたくさん配合されています。

  • ビタミンE・・・黄体ホルモンを増やす
  • 葉酸・・・妊活・妊娠中に必要な栄養素
  • ピ二トール・・・アメリカで多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療に利用

その他にも、ビタミンEとの相乗効果が期待できるビタミンCや、豊富なミネラルを含むルイボス、葉酸と相性の良いビタミンB12なども含まれているので、黄体ホルモンに働きかけて妊娠しやすい体づくりを強力サポートしてくれるでしょう。

「基礎体温をつけて高温期が短めなのが気になっている人」や、「妊活を始めてもなかなか授からず悩んでいる人」など、不妊治療に進む前段階の人にはぜひ試してみてほしいサプリメントです。

ベジママ公式サイト

美的ヌーボ

美的ヌーボ

美的ヌーボは、黄体ホルモンを増やす効果が期待できるビタミンE、ビタミンCはもちろん、その他にも豊富な成分が配合されています。ビタミン・ミネラルは27種類も配合されているんですよ。バランスよく栄養を取り入れながら、妊娠しやすい体を整えていくことができます。

葉酸・カルシウム・ビタミン・ミネラル・DHA&EPAが同時に摂取できる妊活サプリはほかにありません。さらに天然成分100%で添加物の心配もありませんから、安心ですよね。

黄体ホルモンに働きかけるという目的だけでなく、栄養バランスの良さで、妊娠しやすい体づくりのサポートを求めるなら美的ヌーボはおすすめです。

美的ヌーボ公式サイト

黄体ホルモンの働きは?妊活中にどんな影響を与える?

黄体ホルモン 妊娠

黄体ホルモンは、排卵後から生理の前までにたくさん分泌されるホルモンです。黄体ホルモンは妊活には欠かせません。なぜなら、脳の体温中枢に働きかけて、体温を上昇し、高温期を維持する働きがあるからです。

妊娠するためには高温を保つことが必要です。体の血流が良くなれば、脳への血流も良くなり、ホルモン分泌が正常に行われるからです。低体温で、体の血流が悪いと卵子の質や排卵にも障害が出てしまいますから妊娠しやすいとは言えませんよね。低体温は不妊の原因にもなってしまうのです。

また、黄体ホルモンがしっかり分泌されて、体温が上昇することで子宮内膜や周りの血管も血流が良くなります。そのおかげで子宮内膜は厚くなりふかふかの着床しやすい状態になるのです。黄体ホルモンはまさに、妊娠しやすい環境づくりをしてくれるホルモンだというわけですね。

高温期が短くて悩んでいるという人も、黄体ホルモンを増やすことで、体温が上がり、高温期を維持することが期待できるでしょう。

食べ物で黄体ホルモンを増やすのはあくまで気休め程度

不妊治療

ビタミンE・Cを多く含む食べ物は黄体ホルモンを増やすのに効果があると考えられています。でも、食べ物から摂取できる量には限界がありますよね。食べないよりは食べた方がいいけれど、あくまで気休め程度と思っておきましょう。

妊活がうまくいかないけれど、まだ病院には行きたくないという場合はビタミンE、ビタミンCを多く含む食事+サプリの利用を試してみるのがおすすめです。食事だけよりも効率よく栄養素を摂取できるはずです。

また、検査で黄体ホルモンが10ng/mL以下と診断された場合は、薬などの治療+ビタミンE、ビタミンCを多く含む食事を心がけることで、より効果が期待できるでしょう。ビタミンEと排卵誘発剤の併用によって妊娠率がアップするという研究結果もあるので、不妊治療にも効果があるということを知っておいてくださいね。

葉酸みどり
黄体機能不全はできるだけ早く治療を始めることが大切です。基礎体温表などで気になることがあったら、まずは病院に相談してみてくださいね。